だめプロこんさん

北国在住のスゴ腕プロ(自称)
見た目はおっさん、頭脳は子供
その名は だめプロこんちゃん

釘講座 CR 餃子の王将


コラム執筆/こんさん


上記はたぶん理想であろう調整を示したものです。
一番重要なのは、はやりで書いてある命釘?のトコですねぇ。
それを補足するのが、の釘調整です。
ただ、全体的に派手な調整は必要なく、
等価のお店でも、
元ゲージに近いカタチでもイケるかもしれません。

ストロークは、オイラが打った時はのブッコミ狙い。
弱めのもイケると思ったのですが、
思ったより抜けた後の勢いが弱く、ブッコミが一番と判断しました。
ただ、ネカセや命釘によっては有効になるので試す価値ありかな♪

あと、黒のストロークは雑誌に載っていたのですが、右の調整が良い時に有効になるようですので、あまり使う場面はないと思います。

意外な落とし穴として、
ストロークが安定しないって事があります。
その場合は、”それに合わせた調整”が前提となるでしょう。

まとめとしては、
の部分の釘はガン見してシビアな選別。
ブッコミを使う時はピンクの部分のアケも重要となります。
で、ストロークに精神集中!
簡略版だとこんなカンジでしょうか(^▽^;)
もし、まともに打てる環境でしたら、
この機種は釘読み上達にも、
ストローク等の腕前を上げるにも有効ですので、そんな恵まれた環境を見つけたら、
是非、チャレンジしていただきたいと思います(゚∇^*)

2009 11/27ブログより




こんさんのブログはこちら

だめプロこんちゃん奮闘記

考察 CR餃子の王将

コラム執筆/メンダ丼さん


先日餃子でハマリ120を喰らってリアル泣きそうになったメンダ丼です。
コートの中でなかった為、泣きませんでしたが(古過ぎですね、笑)

私がしばらく餃子に苦しめられて(笑)気付いた点をいくつか報告します。
ただ、個人でわずか4店舗8台で少ない打ち込みでの考察であることと、私は細かいデータはとっておらず(本来は役モノ入賞率や振り分け率、スタート入賞率などはデータに基づいて語るべきだと思うのですが、データ無しです)
アバウトな稼働だった(笑)ために、主観的な偏りがある危険性が大きいことを御了承ください。

トンネル入り口の命釘が狭めの調整の場合は、のストロークのほうが命釘を抜けたあと(上部画像参照)失速する玉が減って入賞率が良くなる場合もあったように感じます。

釘と同様に重要に感じるのが、役モノ内での手前ルートへの振り分け率(おそらくネカセで変わるのでしょう)で、これが高い台は思った以上に回る場合が多かったです。
手前ルートから直接スタート穴へ入りやすいのに加え、手前ルートをはずして奥へ行ってしまった玉が転がってくる勢いが強く、奥から回転体を乗り越えての入賞率も高くなり、皿での振り分け率以上に好影響に思います。

振り分け悪台は、玉の勢いが弱く、奥にいってしまった玉が回転体に影響されやすく 結果入賞率が思いのほか悪くなる場合が多かったように感じてます。

キレイな釘で役モノに玉がよく入る台でもサッパリ回らない台があり、またキツめの釘でも想像以上に回る台が打てたりで、本当に難しい台だなぁと痛感しました。

また、台の本当の回りを把握する事がとても困難なので、イケると踏んで追ってみたら足りてなかったというケースにも出くわし易く、要注意です。

最後にスルーが悪いと全てを帳消しにされます(体験済み、笑)ので、これも要注意です。

*補足
ネカセがキツい台は玉が奥へ転がりやすいために 手前ルートを外れやすく、さらに奥から転がってくる際にもネカセの分、傾斜がゆるくなり勢いがつきにくいのではないか。
反対にネカセがゆるい台は手前ルートに振り分けられ易くなり、奥から転がってくる場合も傾斜がより大きくなり玉に勢いがつくのではないか


釘講座の部屋TOP

釘講座 MENU

コラム MENU

パチンコ・コラムの部屋へ doraty_comの知恵袋へ きち吉とらばーゆへ パチンコチュートリアル/TOPへ

ソーシャルボタン

インデックス

TOPへ