[か]

●回数切り

確変の回転数の上限が決められている事

●解析

台のプログラムを、パソコンなどを使って
分析する事

●回転

デジタルが変動し、停止するまでの
一連の動作のこと

●回転体

主に羽根物で使われる
回転しているモノの事で、
大体がいくつかの穴のある構成と
なっている
そのうちの1つに入れば
大当たりとなる機械が多い
権利物でアタッカーを開放させる
スタートチャッカーにもよく使われる

●開店プロ

新装開店のみを狙って打つパチプロ

●回転ムラ

ヘソに玉が入る頻度のバラツキの事

●回転率

デジタルの回転具合を指す言葉
大抵、1000円あたりの回転数で考える
ボーダーラインと比較するには、
回転率を把握することが大切

●カウント

開いた電チューやアタッカーなどが
閉じる条件のひとつで、
1回の開放における最高拾球数のこと
(もうひとつの条件は開放秒数)
機種によって異なる
デジパチのアタッカーは
9カウント前後が主流。

●確変

確率変動の略
確変状態(高確率状態)に突入すると
デジタル短縮機能と
電チューサポートにより
玉を現状維持しつつ次回大当たりまで
効率よく消化出来る

確変について


●確変突入率

初当たりを引いた際に確変に
突入する割合のこと

●確変リミッター

確変継続回数の上限を指す

●掛け持ち遊戯

一人の客が2台以上の遊技台を
占有・遊戯すること

●貸し玉

貸し出す(貸し出される)玉のこと

●ガセる

高信頼度の出目が出現したり
演出が起きたのに、
それが大当たりにつながらない事

●型式名

保通協に申請した時点での機種名

●稼動率

客が打って機械が稼動している割合の事

●換金率

玉を換金する際の、玉1個あたりの値段

●還元率

売上に対する客に換金された金額の割合

●完全確立方式

確率方式、独立試行とも言う
1回転ごとに大当たりや
役の抽選を行ない、
それが次の抽選に
何の影響も与えないという方式
現在のパチンコ&パチスロは完全確率方式

機種名入力で検索

用語集50音別TOPへ

パチンコ用語50音別TOPへ
ソーシャルボタン
インデックス

MENU


TOPへ